昭和21年 10月 初代高杉孫義が新潟市中央区東堀5番町で野菜卸業として高杉孫義商店を開業。
昭和37年 6月 業務拡大により新潟市中央区女池和合町3丁目に移転、業務開始。
昭和37年 10月 新潟中央青果(株)新会社発足と同時に買参章を受ける。
昭和41年 6月 野菜の加工、漬物工場を新潟市中央区女池和合町3丁目に建築。新規事業を開始する。
昭和45年 4月 有限会社高杉孫義商店に社名変更し、業務拡大を目差す。
    高杉孫義、代表取締役に就任。
昭和59年 8月 高杉孫義死去により高杉チヨが代表取締役に就任。
平成 3年 4月 内山雅稔、代表取締役に就任。
平成 7年 4月 上越青果市場内に上越支店開設。
平成10年 4月 弊社本社が業務拡大により手狭になり、新潟市中央区上所3丁目の新潟中央青果(株)敷地内に移転する。
平成12年 4月 新潟市中央卸売市場仲卸業者として参入、仲卸業者桜井青果店と合併し、株式会社新和青果に社名変更する。
    代表取締役に内山雅稔が就任する。
    資本金2,500万円とし、新たに営業開始する。
平成19年 6月 新潟市中央卸売市場が新潟市江南区茗荷谷へ移転。
    それに伴い中央市場内の新潟市江南区西山に本社・工場を移転。
    野菜加工、漬物工場、冷蔵庫、定温室、事務棟等、充実した新設備のもとで社員一同益々の発展を誓い、業務
    開始。
平成24年 5月 代表取締役会長に内山雅稔が就任
    代表取締役社長に内山稔が就任